ろうきんの教育ローンで仮審査落ちてしまった

この質問のタイトルとURLをコピーする
  • いいね!

満足度 0

ろうきんの教育ローンのネットでできる仮審査で落ちてしまいました。今年の年収は450万~500万くらいなのですが、まだ金額がわからなかったので去年の年収390万で入力しました。今現在ろうきんで住宅ローンを組んでいます。毎月75000ほどの支払いで遅れた事はありません。今年の年収でやったら仮審査通ったでしょうか?また、一度仮審査落ちてしまったので他の銀行や国の教育ローンも通らないのでしょうか?
皆様、丁寧な回答ありがとうございました。まずろうきんの担当者さまに確認をして、今年の源泉徴収票がでてから再チャレンジしてみたいと思います。ろうきんや他の銀行系より国の教育ローンのほうが通りやすいでしょうか?

回答は締め切られました

回答4

アドバイザー写真 鈴木太郎
  • 福山 準
  • ファイナンシャルプランナー
  • 11
  • 愛知県
  • 2018/12/22
  • コメントコメントする
  • いいね!

満足度 0

過去、金融機関にて融資担当をしておりました。
返済比率が関係してきますので、計算してみましょう。

通常、総貸出の返済比率は、年収の30%~35%の範囲内です。
年収390万円で、住宅ローン返済は年間90万円ですから、返済比率は23%です。

仮に35%のギリギリの返済比率を計算した場合、45万程の余地があることになります。追加で、月額返済37500円程度は可能である計算です。

上記は年収390万円の場合ですから、今年度の収入が500万程度の場合、返済比率負担は大きくかわります。

よって、再度融資申込の際には、審査に通る余地は十分あるかと思います。
返済比率以外に、審査落ちの理由に思いあたる点が無ければチャレンジされることをお勧めします。
アドバイザー写真
  • 山下雄二
  • 住宅ローン業界の勤務経験あり
  • 1
  • 未登録
  • 2018/12/22
  • コメントコメントする
  • いいね!

満足度 0

FPの山下と申します。

ろうきんで融資審査に通ることが出来なくて、お困りのことと察します。

しかし、安心してください。

文面から見たところ、他の金融機関で申し込みを行なって融資審査に通ることができる可能性は有ると思われます。

まず、年収ですが、昨年の390万円にてお申し込みをされましたが、現在は増えているとのことなので、増えた直近の年収で次回は申し込みを行いましょう。

12月ですので、近いうちに勤務先から最新の源泉徴収票が渡されると思います。

次に、現在、ろうきんで住宅ローンがあるとのことですが、融資審査では返済負担比率というものが影響します。

返済負担比率とは、1年間の借入返済額が年収の何割あるかという比率です。

この比率は小さいに越したことはありません。

35%をラインに、それより小さければ小さい程、融資審査には良い状態と言えます。

逆に35%を超えると、融資審査に通りづらいと言えます。

計算方法は以下の通りです。

返済負担比率(%)=(1年間の借入返済額÷年収)×100

質問者様の返済負担比率は、借入が住宅ローンのみなら、以下の通りとなります。

返済負担比率=(900,000÷3,900,000)×100
=23.07%

900,000(=75,000円×12ヶ月)は住宅ローンの年間返済額です。

これは年収390万円で計算したので、年収が上がっていれば返済負担比率は更に下がることになります。

現在、ご返済中の遅れも無いとのことなので、その点も融資審査では優良とされます。

他の金融機関で申し込みを行なっても大丈夫か?というご質問ですが、問題ありません。

ただし、短い期間に複数の金融機関で申し込みを行うと、申し込みブラックという状態になってしまいます。

申し込みブラックとは、複数の金融機関で申し込みを行うことにより、この顧客はお金に困っている→どこででも借りることができればいいと思っている→返済の計画を立てていないのでは?という悪い印象になり、しばらくの期間(約6ヶ月ほどと言われています)は、どこの金融機関でも融資審査に通らなくなってしまう状態のことをいいます。

以上の点をご注意いただき、新しい源泉徴収票が発行されたら申し込みを行うことをお勧め致します。
アドバイザー写真
  • 加藤 隆一
  • 地方銀行での勤務経験あり
  • 23
  • 未登録
  • 2018/12/23
  • コメントコメントする
  • いいね!

満足度 0

現役銀行員の加藤です。教育ローンネット審査で落ちてしまったとのこと、まずは心中お察しいたします。私事になりますが、我が家にも受験生がおりまして、同じ境遇から教育資金のお悩みには共感いたします。

結論から申し上げますと、諦める前にまずはろうきんに確認なさってはいかがでしょうか?
「住宅ローンの現在の残高は?」「毎月返済だけでボーナス返済は?」「他にご利用されている借入は?」など不明な点がございますので、不明点を考慮せず回答申し上げますと以下のとおりになります。

Q「去年の年収で入力しました 今年の年収でやったら仮審査通ったでしょうか?」
A→ローンの審査では年収に対して全てのローン返済額が何%になるかで審査します。これを返済比率といいますが、返済比率の基準は金融期間、ローンの種類によって違います。ろうきんの教育ローンの場合「年収に占める年間返済額の割合が 30%以内」「年間返済額はろうきん所定のルールで算出」「返済割合を超える(住宅ローン返済中のため等)申込みも取扱ができる場合がある」と商品概要説明に記載があります(ろうきんHPを参照)
質問者様の場合、ろうきんで住宅ローンを借りているが遅れたことはないとのことですので、この返済比率が問題だったのか、まずはろうきんに聞いてみてはいかがでしょう。一般的に、住宅ローンは自宅を手に入れるための特別なもので、ほかの借金とは一線を画す特別扱いのものです。金融機関によっては返済比率を考える時に住宅ローンを含まないところもありますのでご参考に。

つぎに、年収を去年・今年のどちらにするか?これもろうきんに確認はすべきですが、源泉徴収票などがでているなら今年の年収で問題無いと思われます。

Q「一度仮審査落ちてしまったので他の銀行や国の教育ローンも通らないのでしょうか?」
A→これは個人信用情報の登録についてのことと思われますが、こちらは問題ないのでは、と思います。個人信用情報では、確かにローンの申込みをした履歴は登録されますが、「審査に落ちた」と明記されるわけではありません。
延滞などのネガティブな履歴でない限り、それほど気になさらなくてもいいでしょう。教育ローンに限らず、同時に複数の金融機関に申込みを打診することはよくあることですから。
むしろ心配になるのは「自分では認識していないネガティブ情報がないか?」という点です。住宅ローンは遅れたことがないとありましたが、たとえば携帯電話料金やクレジット代金なども、引き落としができなかった場合、個人信用情報に登録される場合がありますのでご注意下さい

いずれにせよ、一度ろうきんに確認してみる価値はあると思います。
住宅ローンを遅れることなく返済しているお客様を冷たく扱うことはないでしょうから、真摯に対応してくれるのではないかと思います。
仮審査の結果は簡単に覆るものではないとも思いますが、可能な限りなぜ審査が通らなかったのかは、ご自身が納得できるまで確認なさったほうがいいと思います
また、ほかの金融機関に申込むときも、まずはろうきんに確認してから行かれたほうがいいと思います。
大事なお子様の教育資金、ぜひ円満に解決されることを願っております。
アドバイザー写真
  • 原 健悟
  • ファイナンシャルプランナー
  • 4
  • 未登録
  • 2018/12/23
  • コメントコメントする
  • いいね!

満足度 1

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの原です。
ご質問に回答させていただきます。

今回のケースで考えられるのは、
年間返済負担率が、ろうきん様の設定する許容限度を超えていると推測されます。年間返済負担率とは、1年間に支払うべき借金の合計額を年収で割った割合のことです。
安全な数値としては、25%前後と言われておりますが、年間返済負担率が35%以上などになる場合は、審査が否決になる可能性もあります。
年間返済負担率を下げるには、年収を上げる必要がありますので、今年の年収の450~500万円であれば、年間返済負担率が下がり、審査に合格する可能性があります。
住宅ローンをろうきんでお借りしているということであれば、住宅ローンを借りた時に担当の方のご相談すると否決の理由などを教えていただくことができる可能性もありますし、対策を教えてくれる可能性もありますので、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?
もし、ろうきんで厳しい場合は、他の金融機関でも厳しい可能性がありますので、銀行系の金融機関より、一般的には借りやすいと言われる国の教育ローンを検討されることをお勧めします。

質問のカテゴリ一覧

質問のカテゴリ一覧

返済延滞・遅延(32)
任意整理(4)
個人再生(3)
民事再生(0)
過払い金請求(2)
税金・公共料金(37)
教育ローン(16)
ブライダルローン(1)
事業資金(2)
アルバイト・パート(10)
質屋(0)
マメ知識(1)
家族の借金(13)
修羅場(3)
その他(105)

新規質問をする