マンション賃貸契約の連帯保証人と個人再生について

  • ゴリ座衛門さん
  • 2019/1/13
  • 家賃
この質問のタイトルとURLをコピーする
  • いいね!

満足度 0

皆さん初めまして御意見を宜しくお願いします。
母親と叔母が賃貸マンション【4〜5年・契約者は叔母】に住んでおり母親の面倒を見てもらっている事もあり私が連帯保証人になっております。
最近、私の生活面も苦しくなり個人再生しました。
母親、叔母に家賃滞納が発生した場合
今の私に対してどのような処置が発生するのでしょうか。
宜しくお願いします。

回答は締め切られました

回答1

アドバイザー写真
  • コメントコメントする
  • いいね!

満足度 0

司法書士の小野と申します。

個人再生は、再生手続開始前の原因に基づいて発生した債務を圧縮する手続きです。

ですから、個人再生手続開始決定後に、もし家賃滞納が発生し、連帯保証人であるあなたに請求が来た場合は、この家賃滞納分は個人再生手続の対象外ですので全額を支払わなければなりません。

また、再生開始決定よりも前に家賃滞納があった場合、この家賃滞納分を再生手続の際に裁判所に届け出ていたら圧縮の対象となりますが、届け出ていない場合は、やはり再生手続の対象外となり全額を返済することになります。


質問のカテゴリ一覧

質問のカテゴリ一覧

返済延滞・遅延(15)
任意整理(3)
個人再生(2)
民事再生(0)
過払い金請求(1)
税金・公共料金(24)
教育ローン(5)
ブライダルローン(1)
事業資金(0)
アルバイト・パート(5)
質屋(0)
マメ知識(1)
家族の借金(11)
修羅場(2)
その他(84)

新規質問をする